日本山岳写真協会 選抜展

2019年 ―それぞれの山―

ホーム  >  別館  >  2019年  >  日本山岳写真協会 選抜展 2019  >  出展作品サムネイル  >  No.13 「残雪の尾瀬」 緑川 邦雄


 

 

 
No.13  残雪の尾瀬   緑川 邦雄  [尾瀬]
桜咲く戸倉から、雪の残る峠を超えて尾瀬に入ると、そこは、まだ春と呼ぶには早すぎる白い世界だ。早朝、尾瀬沼のほとりから燧ケ岳を望むと、雪をまとった山頂が朝日を浴びて赤みを帯びる。下の大堀川で日の出を待つと、燧ケ岳をシルエットに空が妖しく色づき始め、残雪が輝き始める。
協会本部トップへ戻る    別館トップへ