日本山岳写真協会 選抜展

2019年 ―それぞれの山―

ホーム  >  別館  >  2019年  >  日本山岳写真協会 選抜展 2019  >  出展作品サムネイル  >  No.3 「天界」 伊原 明弘


 

 

 
No.3  天界   伊原 明弘  [中央アルプス]
驕る人類を戒めるかの如く轟轟と荒れ狂う雪稜。狭小と無力を嫌と言うほど思い知らされる。だが、頭を垂れ、敬謙にじっと耐えた者だけに神々は微笑み、恩恵を授けてくれる。その一瞬の荘厳で神々しき銀嶺と雄大な自然の美しさよ…。そんな神々からの恩恵を授かりたいが為に、あえて極寒の森林限界を超える。だが、ここから先は人間ごときが足など踏み込んで良いものか躊躇する。まさに、神々の領域…。
協会本部トップへ戻る    別館トップへ